2017年2月 プリウスPHV 先代との比較

プリウスPHV

満を持してという言葉が、この
クルマには似合うだろう。

新型プリウスに遅れること
約半年。
ついに新型PHVプリウス
が発表された。

精悍な外観

正直、プリウスは当初から
デザインに賛否両論がある。
それも巷にクルマが溢れて
見慣れて来た。
お陰でそれまで嫌いだと
言っていた人にも受け入れ
られるようになってきた
その矢先に、今回のPHV
は外観のデザインを一新
して現れた。

正直こちらが正規版と言え
るほど外観はどこを取って
もカッコいい!!

フロントの縦の伸びた
プロジェクターランプ。
流線形のラインを描くリア
ハッチ。
どこを切り取っても普通
のプリウスと比べて上級感
が漂う。

プリウスとの違い
EV走行は先代の2倍!

誰もが一番気になるのは、
プリウスとの違いだろう。

一番の違いは、電気のみを
充電してEV走行(電気走行)
が可能なところだ。

三代目のPHVにもEV走行
はもちろん可能だったが、
距離は31Kmがせいぜいで、
軽い坂道でもすぐにエン
ジンが掛かっていた。

正直+70万円も出しても
その恩恵を受けた気に
ならなかった。
しかも、充電方式にも制限
があり、コネクターの
問題から急速充電が利用
できなかった。

しかし今回の四代目では、
急速充電が可能になった他
1充電でEV走行距離が
なんと68.2Km!

その上オプションで太陽光
パネル屋根が選択でき、
数キロならば走行可能に
なった。

走行性能

今回のPHVは実は、プリウス
と比べると実に170Kgも重い。
しかし、HV燃費は変わらず
の37.1Km/Lだ。

実施乗ってみた感想は、
プリウスと大差ない。
グレードによる足回りの変化
は感じることはできるが、
それもプリウスと同じ。

内装デザイン

内装は、インパネ以外は
同じだが、逆に言えば
インパネはプリウスとは
かなり印象を異にする。

 

また、特徴的なリアの
部分は、衝突安全をクリア
するための強度と燃費の
ための軽さを保持する為
にカーボン素材をリアの
ハッチに採用している。

カーボン生地むき出しのリアハッチ。

極端な加速を続けなければ
EVモードは解除されない!

今回のPHVの特徴とも言えるのが、
なかなか解除されないEVモードだ。

これは開発者の弁だが、意地でも
HVモードにならないようにした
そうで、実際試乗で意地悪をして
みても、余程長い坂道を上り続け
ない限り、EVモードは解除されず
20分ほどの試乗でもエンジンが
掛かったのは1度のみ、しかも急坂
を踏み続けて登り切りの頃に10秒
ほどだけであった。

欠点はないのか?

もちろん欠点はある。
先ずは価格だ。
同じAパッケージで比較すると、
プリウスとPHVの価格差を走りで
埋めようとすると、およそ33万Km
が必要となる。

無論相じた下取りが期待できる
ので、単純計算上だがその価格差
は如何ともしがたい。

続いて、乗車定員が4名である。
後部座席には2名しか乗れない。
これは何とかならなかったのか?
と思うが後部座席の間には、
奇妙な出っ張りがある。

価格設定

326万1600円~422万2800円

ライバル車

ライバル車は、同じようなシステム
を積んだ日産リーフと三菱アウト
ランダーPHEVという事になる。


  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP