日産リーフ 走行性能と実走距離 実際は?

日産 リーフ(2010年12月発売)

日産が他社に先だって発表したのが
EV自動車のリーフだ。
エンジンないので無論ガソリンも
一滴も使用しないで走る。

走行性能

最初のこの車に乗ったときは、
好奇心よりもまず先に恐怖心が
上回ったものだ。

しかし、実際に乗ってみると意外
にもスポーティな走りだし。
回転数を上げていくとパワーが
出るエンジンに対して、
モーターは出だしがパワフル!
何てことは頭に入ってはいたが、
実際にモーターだけで走る
リーフは非常にパワフルだ!

その走行をすべて支える電池が
床面に敷き詰められているため
重心位置が低く安定した乗り
心地。

モードも3モードあり、スポーツ
とノーマルとエコがあるが、
スポーツモードではそん所そこ
いらのスポーツカー顔負けの
加速を見せる。

燃費性能?

一番気になるのはその燃費と
いうか、1充電あたりどの位
走るかという事だが、

24kWhのモデルで、
カタログ数値 228Km
実走値    150 Km

30kWhのモデルで、
カタログ数値 280Km
実走値    190Km

といった所だろう。
電気自動車のインフラはまだ
整備されているとは言い難い。
しかし、高速PA以外にも病院
や市役所、ガソリンスタンド
にもEVの充電コーナーはある。

計画的に充電場所を選べば、
長距離旅行も十分に可能だ。

現段階ではまだ近所の買い物
や通勤で利用するのが実用的
な使い方だろう。

内外装のデザイン
未来的なインテリア!

やはりというか、意外というか
リーフの内装はSFチックで
個人的にはカッコいいと思う。

恐らく必要性ということでは
必要ない加飾がいい具合に
施され近未来的だ。

充実した快適装備!

シートヒーターがなんとこの
クラスで前後に装備されて
いる。その上ステアリング
ヒーターを標準装備など、
冬のぬくぬく装備は抜かり
ない。
但し、夏場のエアコンと相
まってそれこそ身を削る思い
で電気を使うところにこの
車の表裏をみる思いがする。

快適を求めると唯一無二の
エネルギーが目で見て分かる
位のスピードで減っていく。

居住性
かなりラグジュアリー

室内空間は足元も頭上も
かなり広い。
また積載に関してもかなり
の余裕があるので、乗車人数
分の旅行カバンなど予想以上
の積載量を保持する。

安全装備
未来的でない安全装備

残念なのが安全装備だ。
さすがに自動ブレーキは標準
で装備されているが、サイド
/カーテンエアバックはオプ
ション扱いになる。

価格帯

280万3680円~401万8680円

モデル末期であっても投売り
はされない。

ライバル

直接的なライバルはいない。
トヨタのプリウスPHVや
三菱のアウトランダーPHEV
がそれに当たるかもしれないが、
それぞれモデルチェンジして
競争力を上げている。


  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP