ホンダ ヴェゼル ねらい目グレードは?

ホンダヴェゼル(2013年12月発売)

ヴェゼルは、フィットをベースにホンダが開発した
SUVで、2015年時点では一番販売台数の多いSUVと
して大人気。

価格設定や燃費もさることながら、外観のデザイン、
内装、先進の技術の搭載など、万人向けのコンパクト
SUVである。

万能型の所以はフィット

 

ご存知かもしれないが、ヴェゼルは3代目フィット
の派生車。基本の骨格にはフィットが使われている。
そのため、センターレイアウトタンクやガソリン
とハイブリッドとそれに付随するミッションなど
主だったシステムの根幹はフィットそのもの。

しかし、SUVの面とクーペを思わせるそのデザイン
は、人気を博しSUV部門では断トツの販売実績を
を上げている。

走行性能と居住性

走行性能に目を向けると、ガソリンモデルとハイ
ブリッドの二車種に分類される。
ガソリンモデルは、ミッションをCVT(無段変速)
式とし、多人数で急な加速をしようとすると、
力不足を感じるが、2名乗車くらいまでなら不満
を感じるほどの力不足はない。

ハイブリッドモデルは、ガソリンモデルにモー
ターが追加されているので、エンジンをアシスト
してより力強く、またミッションも7速ディアル
クラッチミッションがよりダイレクトな加速を
達成している。

また、居住空間については前席のシートはフィ
ットと比較すると、タイトなっているので、
かなりスポーティに感じるが、後席に目をむけ
るとそこはフィットの派生車、クラストップの
広々した室内空間が広がっている。

実走燃費

気になるのは、実走燃費だ。
ガソリンモデル、ハイブリッドモデルの選択で
迷うのは、果たしてどちらのモデルが得なのか?

〈ガソリン車〉
カタログ値 20.6Km/L ※4WD は19.0Km/L
実走値 市街地 11~12Km/L
高速道    16~18Km/L

〈ハイブリッド〉
カタログ値 27.0Km/L ※4WD は23.2Km/L
実走値 市街地 16~18Km/L
高速道    23~28Km/L

それぞの車両価格差が、約40万円と考えると
燃料費だけでその差を埋めるのは数十万キロの
走行距離が必要だ。
しかし、金銭面だけで考えるとSUVであり、
且つ人気車であるため、中古車市場においても
ハイブリッドモデルに人気が集まるため、実質
的な価格差はその半分位だろう。

6回ものリコール・・・

そんな完璧とも思えるヴェゼルだが、実は6回
ものリコールをだしている。
フィットと根幹を共通にしていることから、
リコールが発見されればイコールヴェゼルにも
発生わけだが、正直これは多すぎる。
うち5回はハイブリッド車のみに起きている。

ミッション系が3回
エンジンコンピュータ系が2回
どちらにも出たのが、最後のエンジンの電気系
の不具合だ。

理由は、ハイブリッドモデルに搭載した7速デュ
アルクラッチミッションが十分なテスト開発を
行わずに発売を急いだためだと言われている。

総評

ヴェゼルはフォーマルでもコンフォートでも
なんでも来いの万能車。
つまり、一人で走るにも楽しいし、デートで
使うにもかっこいい。
まして家族が増えて旅行に行こうとしても
人数分の荷物を悠々積むことができる。
ヴェゼルのライバル車は、

マツダ CX-3
トヨタ CH-R
日産  JUKE
スバル XV

などで、価格帯もほぼバッティングしている。
その中でもヴェゼルは常にパフォーマンスで
他車を圧倒している。
迷ったらヴェゼルと言っても過言でないほど
コンパクトSUVの中ではトップのクルマだ。


  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP