パッソ(トヨタ)/ブーン(ダイハツ)どこが違う?

パッソ(ブーン)

パッソ(=ブーン)はダイハツが開発し、トヨタに供給している
いわゆるOEM車だ。
この2台、外観とマーク以外はまったく一緒だが、実際に購入
しようとするとメーカー間の微妙な関係が購入にも影響する。

開発は実はダイハツ!

パッソは、エンジンからシャーシー(=骨格)まですべてが
ダイハツで行われた車だ。
実は、2016年に発売されたパッソは三代目。

初代は、2004年に発売された。
二代目は、2010年に発売された。
ともに女性目線で開発されており、ダイハツ曰く、
「パワーを抑えたエンジン出力とした。」モデルだった。

女性が乗るクルマ=速くないクルマというコンセプトには
いささか疑問を感じるが、一定のニーズを得て三代目を
迎えることになる。

しかし、ここでパッソは完全なる方向転換を行った。
出力向上型のエンジンに切り替えてきたのである。

それに伴い、エクステリア(=外観)やインテリア(=内装)の
質感も上げてきた。
月の販売台数が5000台前後と堅調な販売実績を
積み重ねてきたが、ここで一気にテコ入れをすべく出力特性
を上げてきている。

二代目モデルとは比較にならないパワー感

今回からエンジンは1.3Lが廃止されて、1.0Lのみのエンジン
設定になった。

実際に乗ってみると、先代モデルとは比較にならない力強さ
が誰でも分かるくらいになっている。

先代モデルは、当時の軽自動車かと勘違いするほど力がなく
大人が二人のっての高速走行は、制限速度を維持するだけでも
困難なほどだった。

但し、これはエンジンの出力が上がったわけではない、事実
数値的なものは、先代モデルと同じだ。
しかし、出力特性やCVT(ミッション)のプログラム等の変更で
すこぶる乗りやすくなった。

これならば男性である筆者でも、購入対象として申し分ない
クルマになっている。

実際に乗ってみると広い

大きさは数値よりも大きく感じる。
これは、軽自動車の会社独自のもので、狭い空間を広く使い
かつ広くみせている。

これには、輸入車のようにセンターにナビ用のパネルを配置
するなど、理路整然としたレイアウトも一役買っている。

購入はトヨタが断然お得!

OEM供給されたクルマは、小さい部分の差はあれど、殆ど
同じ車と言っていい。
ならば、より安く購入したいのは人情というものだ。
大体の場合、OEM供給されている側は車を仕入れることに
なるため、値引き交渉などでは不利になるが、ことパッソと
ブーンの場合はそれは当てはまらない。

事実、ダイハツにはブーンの試乗車は極端に少なく。
値引きも元々安い価格設定とはいえ、ダイハツでは軽自動車
お決まりの5万円値引きが最大だが、隣のトヨタに行くと
10万円値引きは当たり前だ。

また、納期についてもダイハツの製造ラインでパッソとブーン
を製造しているのに、その比率は圧倒的にパッソが高く、
結果納期も下手をすると1ヶ月くらいの差が出るという有様。

もはやブーンを購入する理由は、パッソの中で目立ちたいから
ダイハツネームのブーンを買う以外に見つからない。

因みにトヨタのどの店舗でも取り扱っている。

スペック

全 長    3,650-3,660mm
全 幅    1,665mm
全 高    1,525mm
ホイールベース 2,490mm
車両重量    910-960kg

エンジン出力  69PS/6,000rpm
最大トルク   9.4kgfm/4,400rpm
燃 費    28.0Km/L

価 格   ¥1,150,200~¥1,657,800


  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP